1. TOP
  2. コントラクトMR
  3. 製薬会社から入社の話があるのはいつ?逆算して派遣期間を考えてみた。

製薬会社から入社の話があるのはいつ?逆算して派遣期間を考えてみた。

こんにちわ、ユウトです。

現役のコントラクトMR(派遣MR)です!

ただ僕は大手製薬会社の正社員MR→コントラクトMRという、少し変わったキャリアを踏んでいます。

 

変わったキャリアを突き進んでいる僕ですが、理由の1つに多くの営業マンにMRを目指してほしいと思っています。

異業種や後発品のMRから先発メーカーの正社員MRになるためには、コントラクトMRになるケースが王道です。

だから、僕自身がコントラクトMRになり、正社員を目指そうと考えました!

 

ちなみにMRをおススメする理由は「高給取り」×「時間の自由」があるからです。

詳しくは下記記事をあわせて読んでみてください。

 

今回は、そんな転籍を目指す派遣社員が製薬会社から入社の話があるのはいつなのか!?

また逆算して、最低限必要な派遣期間も考えてみました。

 

それでは、本編をお楽しみください。

 

 

製薬会社から入社の話があるのはいつ?

入社6か月前が一般的だとCSO会社の上司に教えてもらいました。

ただ会社によって若干の違いはあるそうです。

あくまでも基本的には6か月前に声がかかるようです。

 

では、6か月前に入社の話があってからのタイムスケジュールはどんな感じになっているのでしょうか。

 

入社の話からのタイムスケジュール

ここから先は、実際転籍を果たした橋本さん(仮名)に聞いた話です。

 

橋本さんも6か月前に製薬会社から入社の話をもらったと教えてもらいました。

そこから3か月前に人事担当者との1日同行。

2か月前には人事と役員との面接。

1か月前に内定が出る。

 

人事との1日に同行

3か月前に人事との1日に同行があります。

橋本さんによると、形式上なものであり、そこまで準備する事はないとの事です。

ただし、コンプライアンス違反は絶対守る事!!

これが最重要項目だと教えてもらいました。

 

背景には、2019年4月より施行された医療用医薬品の情報提供ガイドラインが考えられます。

当然、自作スライドは使用してはいけません!

口頭でのプロモーションも日本の適応内で話を進めて下さい!

逸脱したらすべて泡になってしまう可能性もあります。

 

ちなみに、橋本さんは同行の前週に同行予定先に伺って、ネゴをしていたそうです。

「来週、会社の人事と1日同行があるので、よろしくお願いいたします。

こんな話をしようと思っているので……」

 

1つの戦略ですよね。

不安な方は、話が逸脱しないように準備しておく必要があります。

 

人事と役員との面接

支店長や所長からの推薦状が人事に届いています。

その推薦に基づいて、人事担当者との1日面談をクリアすると、次は役員との面接です。

 

ただ橋本さんによると形式的なモノだそうです。

一通り、自己紹介を行い、質疑応答です。

圧迫面接のような雰囲気はなく、楽しい時間だったそうです。

 

一般的な中途採用の面接でなく、MRとして認められた人が面接しているので当たり前ですね。

ちなみに、面接の内容は、最終的な意思確認やこれからのキャリアについての話になるようです。

内定が出る

橋本さんは、所長から電話で内定をもらったそうです。

 

ほぼ100%、内定になりますが、稀にコンプライアンス違反など重大な違反が見つかれば、内定の話は流れるようです。

製薬会社にとって、コンプライアンス違反は最大のリスクと考えています。

CSOの指示もコンプライアンスを逸脱しない指示は徹底されています。

 

異業種の方は、コンプライアンス違反と聞いて、法律に触れない程度であれば…と意識が低いかたもいるかもしれません。

しかしながら、製薬会社のコンプライアンス違反に、スピード違反や携帯電話所持なども含まれる会社もあります。

特に営業に関して言えば、車の運転ができなければ、営業がほぼできないですしね…

 

 

逆算して必要な契約期間を考えてみた

6か月前に入社の話があります。

そう考えると、最短でも1年半~2年、普通はそれ以上の期間が必要になります。

 

想像してみると簡単です。

仮に1年で転籍できたと仮定すると、派遣されて6か月で入社の話が出ます。

6か月で内定が出るなんてまずありえません…

 

前任の影響は3か月くらいあると言われています。

3か月で皆が認めるくらいの実績を残すのは神業に近いです。

1年半だとしても、1年で結果を残している事になります。

それでも神業です。

 

一般的に1年担当すると、ようやく1年の動きが分かり、この季節にこのPRをしようというイメージが付きます。

その中で、できる範囲で必死に活動する事で、認められ転籍の道が見えてくると思っています。(というか、それが王道)

 

橋本さん曰く、派遣社員から正社員になるためには、必ず周りの協力が必要と言っていました。

周りからの評価を高める(=認めてもらう)事によって、正社員の道が開いてきます。

 

評価を高めるのに近道はないです!

1日1日を大切に、今できる事をガンガンやっていきましょう!

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

MRから経済的独立をめざすブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MRから経済的独立をめざすブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

自己紹介紹介 自己紹介一覧

ユウト

ユウト

大手外資系製薬会社に10年超→コントラクトMRに転職したユウトです。
妻子ありの地方在住MRです。
僕自身が小児喘息で、それがキッカケで薬の世界に入りました。
趣味はMR、資産形成(お金の殖やす方法)、マイルで家族旅行です。
何か記事で気になることがあれば、お気軽にご連絡頂ければ幸いです。(お答えできる範囲でご返信させて頂きます。)
連絡先:yuto.mr55@gmail.com
Twitter:https://twitter.com/yutomr55

関連記事

  • 現役コントラクトMRが語るデメリット8選【結論:すべて問題なし】

  • コントラクトMRの将来性について大手外資系製薬会社の人事部長に聞いてみたよ。アメリカの現状と比較!

  • 実はコントラクトMRの将来性は無限大?真剣に価値を考えたことがありますか?僕がビズリーチの担当者を通じて感じた事

  • コントラクトMRが途中離脱のタイミングでも契約継続するために大切な事【実体験あり】

  • 入社7か月目のコントラクトMRがCSO選抜研修に選ばれる!参加してみた感想を素直に書いてみた

  • 所長同行で主力品採用カットの経験者が語る…うまくいくMRの上司同行